ブログ

ブログ

  • 2018.01.28

    踊る精神科医に聞くホントのところ、どうなの? 第7回:精神科医療やカウンセリングって、感情労働なの?

    踊る精神科医に聞くホントのところ、どうなの? 第7回:精神科医療やカウンセリングって、感情労働なの?

    第6回の続きです。
    前回は、対応の悪いスタッフがいる背景に、
    感情労働を目指しつつも、
    それがうまくいっていないという事情を見てきました。

    感情労働とは、
    よくない感情(怒り、イライラ、軽蔑、憎しみ 等)を抑制し、
    よい感情(愛情、いつくしみ、優しさ 等)をともないつつ、
    サービスを提供すべき、とされる、労働のことで、
    典型は看護師さんです。

    でも、それで本当に良いのか?

    今回は、
    そもそも、治療のゴールは、
    患者さんも、治療者も、同等な立場で、
    感情を表現し、交流できるようになることではないか?

    感情労働としての関わりだけでは、
    それは達成できないのではないか?
    という観点から、

    患者さんとスタッフとの関係に
    一石を投じています。

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

  • 2017.12.02

    踊る精神科医に聞くホントのところ、どうなの? 第6回:対応の悪い精神科スタッフがいるのはなぜ?

    踊る精神科医に聞くホントのところ、どうなの? 第6回:対応の悪い精神科スタッフがいるのはなぜ?

    スタッフの対応に傷ついた・・・とのクレームをよく聞きます。
    あなたも、傷ついたこと、ありませんか?
    なぜ、スタッフは、そのような対応になるのでしょうか?

    ところで、感情労働、という言葉、ご存じですか?

    今回は、これをキーワードに、
    精神科スタッフと、患者さんとの、しんどいやりとりの
    実情に迫ってみます。

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

  • 2017.11.01

    踊る精神科医に聞くホントのところ、どうなの? 第5回:心理療法、何が自分にあっているの?

    踊る精神科医に聞くホントのところ、どうなの? 第5回:心理療法、何が自分にあっているの?

    心理療法って、いろんな種類のものが、いっぱい、ありますよね。

    ほとんどの方は、自分の診断名・疾患名をたよりに、
    それに「効く」と言われる心理療法が、自分にあっていると考えます。

    でも、それでは、うまくいかない!?

    メタスキル、という考え方を紹介しつつ、
    自分にあったカウンセリングに出会うための、
    ホントのところをお話します。

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

  • 2017.10.10

    踊る精神科医に聞くホントのところ、どうなの? 第4回:初診、どんなところにかかったらいいの?

    踊る精神科医に聞くホントのところ、どうなの? 第4回:初診、どんなところにかかったらいいの?

    精神科の初診、どこにかかったらいいのか、困りますよね。
    でも、ホームページで選んではいけない?!
    口コミも、あてにならない?!

    事前に情報収集することの、メリットと限界を
    具体的に語ります。

    そして、実際、初診がはじまった時、
    「ここは、かからなかった方がよかった…」というダメージを
    最小にするための、コツを、お伝えします。

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

  • 2017.09.14

    踊る精神科医に聞くホントのところ、どうなの? 第3回:精神科初診、どんな時にしたらいいの?

    精神科は、気軽に、早めに、受診しては、イケナイ?!

    今回は、
    どうしても受診の敷居が高くなる
    精神科の初診についてがテーマです。

    不眠や、食欲低下、
    または自殺のリスクが疑われる場合など、
    精神科の受診が望ましい具体的なポイントをお伝えします。

    同時に、
    気楽に、早めに、受診した結果、
    思わぬ残念な結果に終わる、という実情があることも、
    赤裸々に語ります。

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

  • 2017.09.03

    踊る精神科医に聞くホントのところ、どうなの? 第2回:精神科セカンドオピニオンの実情

    精神科のセカンドオピニオンの実情は、「こっそり偵察」だった!

    今回は、
    治療の他の選択肢の相談、というレベルではない、
    現状への不満が原動力になっている場合が多い、
    精神科のセカンドオピニオンがテーマです。

    先生の治療や人格を否定するようで、
    とても、紹介状をお願いできない・・・。

    それでも、勇気をもって、「こっそり偵察」をすることの、メリットは?
    赤裸々に、語っていきます。

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

  • 2017.08.12

    踊る精神科医に聞くホントのところ、どうなの? 第1回:困った精神科医の見分け方

    「その先生は大あくびをしながら私を診察したんです!」

    主治医に見切りをつけて、
    瑞枝クリニックに来られた患者さんの
    「えっ?ホント?」とビックリする
    信じられないようなエピソードです。

    今回は、そんないくつかのエピソードとともに、
    困った精神科医の実情について、
    自戒をこめて語ります。

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

  • 1